乳酸菌について

乳酸菌は古い時代より、身近な発酵食品に利用されてきました。たとえば、ヨーグルト・チーズは有名ですが、味噌・納豆・醤油など、伝統的な日本の調味料や食材にも多く含まれています。さらに乳酸発酵は、日本酒やワインの製造にも関わっているのです。お腹に優しいと私たちがよく耳にするこの乳酸菌は、そもそも食べ物に含まれる炭水化物(糖類)を分解して、乳酸を生成する働きを持つ微生物の総称を意味しています。乳酸菌は私たちの腸内において、さまざまな働きをしているのです。その1つが、腸内に増えてしまった有害な悪玉菌を減少させることです。悪玉菌の増加は、便秘下痢などの不快で慢性的な症状を引き起こします。乳酸菌はこれを改善させるだけでなく、腸内にある免疫機能を刺激・活性化させているのです。つまり乳酸菌は、私たちにとって有益といわれている善玉菌を増やして、腸内におけるバランスを調整してくれているといえるでしょう。

乳酸菌について

善玉菌について

人間1人の腸内には、なんと300種類以上、数にして100兆個以上の細菌が生きているといわれています。この腸内細菌は、善玉菌悪玉菌日和見菌の3種類に分類することができます。ここで特に注目すべきなのは、善玉菌と悪玉菌です。善と悪という名前が示すとおり、善玉菌は私たちの健康を維持するために役立ってくれています。しかし、悪玉菌はその反対に健康を阻害してしまう影響を及ぼします。善玉菌の主なエネルギーは、糖類や食物繊維を発酵させることにあります。具体的な種類として、乳酸菌などの乳酸を作り出す菌や、ビフィズス菌などのように酪酸や酢酸を作り出す菌がいます。短鎖脂肪酸と呼ばれる乳酸酪酸酢酸の3つは、悪玉菌の腐敗進行やその繁殖を抑えて、私たちの腸内を常に酸性に保とうと努力しています。腸の運動を活発にすることによって、便秘を予防しているのです。善玉菌はその他にも、ビタミンやホルモンを生産したり、コレステロール値を減らしてくれたりするという働きを持っています。また、3種類の腸内細菌の1つである日和見菌というのは、悪玉菌が優勢なときは悪玉菌として働き、善玉菌が優勢なときは善玉菌として働く菌です。日和見菌を活動させないためにも、やはり善玉菌が大事になってくるでしょう。日々の健康を維持したり、病気を予防したりするためには、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすようにバランスを整えていくことが重要なのです。

善玉菌について

ヨーグルトと乳酸菌

牛乳や乳製品を乳酸菌や酵母で発酵させることによって、独特の風味を生み出した食品が、私たちが普段口にしているヨーグルトです。ヨーグルトには乳酸菌(ブルガクス菌・アシドフィルス菌・サーモフィルス菌、クレモリス菌など)やビフィズス菌が、多く含まれています。乳酸菌は、身体に良い効果をもたらしてくれる善玉菌のことです。つまりヨーグルトは善玉菌の宝庫と言っていいでしょう。せっかく善玉菌を摂取したにも関わらず、腸に届かないまま胃で死滅してしまう善玉菌も少なくないといわれています。しかし、ヨーグルトには、腸内の善玉菌を増やす効果が認められているものが多くあります。日本にはたくさんの種類のヨーグルトが売られています。実はヨーグルトによって、入っている菌の数も種類もさまざまなのです。私たち自身の体調や目的に合わせてヨーグルトを選ぶことも大切になってくるでしょう。

ヨーグルトと乳酸菌

トップへ