乳酸菌とアレルギーの関係

アレルギーとは?

私達の身体には、ウィルスや異物などの外敵を排除するための「免疫反応」という仕組みが備わっています。身体の中に外敵が侵入した際、抗原が抗体と呼ばれるタンパク質を作り出し、外敵を無害化して外部に排除してくれるのです。この抗原と抗体の免疫反応によって、私達は日々健康に生活することができています。しかし、この免疫反応はある特定の人間の身体において異常を生じさせ、過剰な働きをしてしまうことがあります。こうして引き起こされるのが、アレルギーです。通常、免疫反応は外敵から身体を守るために起こります。しかし、アレルギーが引き起こされているときの免疫反応では、本来外敵に向けられるべき働きが自らの身体へ不利に働きます。それにより、咳、くしゃみ、痒み、頭痛、疲労などのアレルギー症状が生じます。アレルギー症状の中には循環器系の重い症状もみられ、最悪の場合には死に至るケースもあります。

アレルギーとは?

アレルゲンとは?

アレルギーの発生には、アレルゲンが関係しています。アレルゲンとは、アレルギー疾患を起こす原因になり得る物質を指します。アレルゲンは人によって様々で、自分のアレルゲンとなる物質が体内に侵入した際、アレルギー症状が生じます。アレルゲンは「吸入性アレルゲン」「食品性アレルゲン」「薬物性アレルゲン」の3種類に分かれています。吸入性アレルゲンとしては、ダニ・カビ・動物・花粉などが挙げられます。食品性アレルゲンとしては、五大アレルゲンといわれる牛乳・卵・落花生・そば・小麦や大豆・いくら・えび・かに・肉類などのタンパク質類が挙げられます。薬物性アレルゲンとしては風邪薬や塗り薬といった医薬品やファンデーションなどの化粧品、シャンプー・リンス・洗剤などの日用品が挙げられます。このように、アレルゲンとなりえる物質は私達の身の回りに多く存在しています。

アレルギー症状が起こる仕組み

アレルギー症状が起こる仕組み

特定のアレルゲンが身体の中に侵入すると、身体は外界からの侵入者を察知します。そして、白血球のヘルパーT細胞によってBリンパ球に指示が出され、アレルゲンに対抗するためのIgEというタンパク質が生産されます。IgEは抗体を作り出し、皮膚・腸粘膜・気管支粘膜・鼻粘膜・結膜などに流れていきます。そして、各場所の肥満細胞と結合し、化学伝達物質を放出します。この化学伝達物質により、アレルギー症状でみられがちな咳やくしゃみ、頭痛、痒みなどの症状が引き起こされます。 なお、IgEを生産するヘルパーT細胞には、1型ヘルパーT細胞と2型ヘルパーT細胞の2種類があります。IgEの生産を促す2型ヘルパーT細胞に対し、1型ヘルパーT細胞はIgEの生産を抑制するものです。 この1型ヘルパーT細胞と2型ヘルパーT細胞のバランスが悪くなると、IgEが増え過ぎてしまい、アレルギー症状が酷くなります。アレルギー症状を緩和させるためにはヘルパーT細胞の働きを強める必要があります。

乳酸菌でアレルギー症状を抑制しよう

IgEの増生によって悪化してしまうアレルギー症状。アレルギー症状を緩和させるには乳酸菌の力を借りましょう。乳酸菌はIgEの生産を抑制する1型ヘルパーT細胞の働きを強め、IgEの生産を促進する2型ヘルパーT細胞の働きを弱めます。その結果、IgEの生産量は減少します。これにより、アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質の放出量を減らすことに繋がるというわけです。実際に、乳酸菌含有食品や飲料を継続的に摂取し続けた結果、花粉症や通年性アレルギー、アトピー性皮膚炎の症状が緩和されたという報告があります。乳酸菌を効果的に摂取し、アレルギー症状を抑制しましょう。

トップへ