ビフィズス菌の種類

善玉菌の代表選手、ビフィズス菌

人の腸内には、腸内環境を正常に保つ働きをする善玉菌が存在します。善玉菌には乳酸菌や納豆菌、酵母菌や麹菌などの様々な種類があります。そんな善玉菌の中で最も高い占有率を誇るのがビフィズス菌です。ビフィズス菌は成人の腸内における善玉菌の99%以上を占める菌です。その数は乳酸菌の約1000倍といわれています。そんなビフィズス菌は、母から子へ受け継がれることにより、人の腸に生まれながら存在する菌です。ビフィズス菌は腸内環境を整える、下痢便秘を防ぐ、免疫力を高めるといった働きをします。酢酸を放出し、悪玉菌の生成を抑制することも可能です。私達の腸が日々正常に機能できるのは、ビフィズス菌の働きがあってこそといえるでしょう。
なお、ビフィズス菌は年齢と共に減少していきます。腸内に最もビフィズス菌の量が多いのは生後1週間頃までです。授乳期の赤ちゃんの腸内は、95%がビフィズス菌となっています。生まれたての赤ちゃんの便色が鮮やかでニオイが少ないのは、ビフィズス菌によって健康な便が作られているためといわれています。しかし、ビフィズス菌は離乳が始まる頃から減少傾向となります。高齢期になると腸内のわずか1%ほどに減少してしまうのです。なお、ビフィズス菌の少ない腸には悪玉菌が増えていきます。その結果、腸内にはアンモニアなどの腐敗産物が増え、腸内環境が悪化します。便秘や下痢、体臭や口臭、肌荒れなどの症状に見舞われます。病気を引き起こすこともあります。美容と健康をいつまでも維持するためには、積極的にビフィズス菌を摂取し、腸内のビフィズス菌量を増やすことが重要です。

善玉菌の代表選手、ビフィズス菌

人の腸の中に生息するビフィズス菌

ビフィズス菌は人の腸内に最も多く棲んでいる菌です。その中の5種類のビフィズス菌について紹介します。

  • ビフィドバクテリウムビフィダム

    胃の健康に効果的なビフィズス菌です。胃の粘膜物質であるムチンへ接着し、胃の粘膜を保護してくれます。また、胃の粘膜に棲息するピロリ菌を抑制することもでき、胃潰瘍や胃がん、胃炎といった胃の病気を予防することも可能です。もちろんビフィドバクテリウムビフィダムはビフィズス菌の一種であることから、善玉菌として腸内環境を整えてくれます。胃酸にも強く、しっかり腸へ届きます。

  • ビフィドバクテリウムロンガム

    ビフィドバクテリウムロンガムは、日本人の腸に常在しているビフィズス菌の一種です。乳児期から成人においてはほぼ一定の割合で存在しますが、その後、老化の影響を受けて減少していきます。酸に強いため胃酸で死菌することのない腸まで届くビフィズス菌です。大腸で善玉菌を生成し、悪玉菌を減少させます。整腸作用やビタミンB群の生成、免疫力の向上やコレステロールの低下させる働きがあります。規定量を継続的に摂取することで高い効果が望めるビフィズス菌です。

  • ビフィドバクテリウムアドレッセンティス

    人の大腸や膣に棲息するビフィドバクテリウムアドレッセンティスは、動脈硬化の予防に効果的なビフィズス菌です。善玉菌であるHDLコレステロールを増やし、余分なコレステロールを排除します。動脈硬化を放っておくと血管の内側が狭くなり、酸素や栄養素の行き交いが悪くなります。その結果、心臓に負担がかかり、臓器や組織の働きが低下します。最悪のケースでは、血管が詰まって破裂したり、壊死したりします。ビフィドバクテリウムアドレッセンティスで腸内環境の正常化と動脈硬化の予防を図りましょう。

  • ビフィドバクテリウムブレーべ

    ヤクルト菌の一種として知られるビフィドバクテリウムブレーべは、アレルギー症状の改善に効果的なビフィズス菌です。ビフィドバクテリウムブレーベの腸内量を増やすと、アレルギー症状が出にくくなるという実験結果も報告されています。また、ビフィドバクテリウムブレーべはがんの発生防止にも効果的といわれており、継続的な摂取で高い健康効果を期待することができます。

  • ビフィドバクテリウムインファンティス

    ビフィズス菌の基準種とされるのが、ビフィドバクテリウムインファンティスです。ビフィドバクテリウムインファンティスは善玉菌として腸内環境を整えるのはもちろん、花粉症などのアレルギーを抑制することも可能です。整腸効果により便秘や下痢の改善はもちろんのこと、腸管出血性大腸菌による疾患の予防にも効果的です。

トップへ