乳酸品が含まれる食品

毎日の食生活で乳酸菌を増やそう

善玉菌の一種である乳酸菌。腸内の乳酸菌量を増やせば悪玉菌量が減少します。これにより腸内環境が整い、美容と健康の効果が期待できます。なお、腸内の乳酸菌量を増やすには「食事」が効果的です。ビフィズス菌と異なり、乳酸菌は酸素があっても生育する通性嫌気性です。この乳酸菌は乳製品や発酵食品、野菜といった様々な食品に含まれています。乳酸菌を毎日の食事へ積極的に取り入れ、美容・健康の維持を図りましょう。

毎日の食生活で乳酸菌を増やそう

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

腸内環境を整え、美容と健康を促してくれる乳酸菌。乳酸菌といえば多くの方がヨーグルトなどの乳製品を想像するかもしれません。もっとも、乳酸菌は乳製品以外の食品にも豊富に含まれています。最近では、乳酸菌についてその由来となる原料を動物性と植物性に分ける場合もあります。動物性乳酸菌は哺乳類の乳の中に含まれるラクトース(乳糖)の中に存在する乳酸菌で、乳糖を養分に生育します。そんな動物性乳酸菌と対象的なのが植物性乳酸菌です。植物性乳酸菌は植物の中に存在する乳酸菌で、植物のブドウ糖や果糖、ショ糖や麦芽糖を養分に生育します。味噌や醤油、漬物やキムチ、日本酒や塩麹に含まれています。このように、乳酸菌は様々な食品に含まれています。知らず知らずのうちに乳酸菌を摂取していたという方も多いかもしれません。

乳酸菌が豊富な食品

  • 動物性乳酸菌
    動物性乳酸菌の代表として、ブルガリア菌やLG21乳酸菌、ラクトバチルス・ロイテリ菌などが挙げられます。乳の中で生育する動物性乳酸菌。よって、牛乳を飲めば乳酸菌を摂取できると考える方は少なくありません。しかし、牛乳を飲んでも乳酸菌を摂取することはできません。私達が普段口にする一般的な牛乳は、製品にする過程で殺菌されます。この殺菌によって乳酸菌は死滅してしまいます。もっとも、牛乳の中には低温殺菌された商品もあります。そのような牛乳であれば、乳酸菌を身体に取り入れることが可能です。とはいえ、低温殺菌の牛乳に含まれる乳酸菌量は微々たるものです。そのため、牛乳では効果的な乳酸菌の摂取は難しいといえます。そこでおすすめなのが、牛乳に乳酸菌を加えた乳酸菌飲料やヨーグルトです。乳酸菌飲料やヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれており、高い整腸作用を期待できます。また、商品によって使用されている乳酸菌が異なっているので、より自分の体質や腸の状態に合った乳酸菌を取り入れることができます。
  •  
  • 植物性乳酸菌
    植物性乳酸菌は、大豆や米などの穀物類、野菜に生息する乳酸菌の一種です。代表的なものにラブレ菌やL・プランタルム、T・ハロフイルスやP・ペントサセウスなどがあります。ラブレ菌は京都のすぐき漬けの中から発見された乳酸菌です。免疫力をアップさせ、発がん予防の効果も報告されています。続くL・プランタルムは、ぬか漬けのぬかに含まれる乳酸菌です。ぬか漬けは、ぬかを洗い落として食べる方法が一般的です。しかし、L・プランタルムを大幅に摂取するには、ぬかが付いた状態でぬか漬けを食べるのがおすすめです。次にT・ハロフイルスです。T・ハロフイルスは耐塩性の強い乳酸菌で、味噌に多く含まれています。発がん予防の効果があり、味噌の発酵が進んでいるほど働きが強くなります。P・ペントサセウスは耐塩性や耐酸性に優れた乳酸菌で、漬物やキムチに多く存在します。野菜の青臭さを改善する効果があり、漬物やキムチがまろやかな味わいをしているのはこのためです。腸内の善玉菌を効率良く増やしてくれる乳酸菌なので、継続的な摂取によって美容・健康の維持を図ることができます。

トップへ