善玉菌と悪玉菌

善玉菌と悪玉菌の勢力争い

私たちの腸内には、善玉菌悪玉菌が一緒に暮らしています。もちろん平和共存しているわけではありません。両者共に、機会があればすぐに勢力を拡大しようとたくらんでいるのです。違う種類の善玉菌同士や、悪玉菌同士が戦うこともあります。なぜこの両者がいつも勢力争いをしているのかと言うと、実は腸内細菌が生息できる場所には限りがあって、腸内には既に空き場所が存在しないからなのです。善玉菌と悪玉菌はそんな中で種類ごとに密集し、縄張り(腸内フローラ)を隙間なく作っています。こうして善玉菌が増えると悪玉菌は減り、悪玉菌が増えると善玉菌は減っていくという構図ができ上がっているのです。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスが大切

善玉菌と悪玉菌のバランス(腸内フローラ)が不安定になった時、とたんに勢力を伸ばすのが日和見菌です。日和見菌は、善玉菌と悪玉菌のうち、優勢なほうと同じような働きをする性質を持っています。そのため、腸内フローラのバランスが崩れて悪玉菌が優勢になると、悪玉菌として働きはじめてしまうのです。善玉菌が優勢になるように腸内バランスを整えておくことがいかに大切かわかりますね。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスが大切

善玉菌と悪玉菌の特徴

善玉菌と悪玉菌の腸内細菌をまとめると、次のようになります。
善玉菌は、健康維持や生命活動に必要な物質を産生しており、ビフィズス菌やその他多くの乳酸菌、納豆菌、酵母菌、麹菌がそれにあたります。また、ビタミンやホルモンの産生、消化吸収、脂質代謝、免疫の活性化、感染防御、腸の蠕動運動なども担っています。

善玉菌と悪玉菌の特徴

悪玉菌は腸内で有害物質を作り、腸壁の細胞を、長い年月をかけて傷つけていきます。それがやがてがんを引き起こしたり、肝臓を弱らせたりするわけです。肝臓機能の低下によって解毒が間に合わなくなると、有害物質は身体中に回ってしまいます。これが生活習慣病や老化につながるのです。また、悪玉菌は腸内をアルカリ性にするので、免疫機能を下げる事態も招くことになります。さらに悪玉菌が優位に立つと、おならが臭くなったり便秘が起こったりします。つまり長い期間、悪玉菌が優勢だと、私たちの身体には多くの悪影響が及ぼされるようになるのです。

悪玉菌も身体に必要なもの

しかしながらも、悪玉菌は決して不要な菌ではありません。なぜなら善玉菌悪玉菌と戦うことで、その効果を発揮してくれるからです。悪玉菌がゼロになればいいわけではなく、実はバランスが大切なのです。

 

腸内だけに限らず、身体全体を健康に保つために大切なことは、善玉菌が優位に立つように腸内のバランスを整えることです。悪玉菌はいても、それ以上に善玉菌がいるという状態にするわけです。乳酸菌や食物繊維を多く含んだ食事の摂取、ストレスのかからないような生活スタイル、睡眠不足を防ぐ、適度な運動など、心身共に健康的な毎日を送ることが望ましいでしょう。

トップへ