乳酸菌と花粉症

花粉症とは?

花粉症とは、花粉のアレルゲンを持つ人に生じるアレルギーのことです。季節性アレルギー性鼻炎ともいわれています。スギヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリなどの花粉が身体に侵入することで、アレルギー症状が生じます。花粉症の主な症状としては、くしゃみ・鼻水・鼻づまりといった鼻の三大症状のほか、目の痒み・涙・充血、喉の痒み・腫れ、皮膚の痒み、下痢、発熱などが挙げられます。現在、日本人の約25%が花粉症であるといわれています。春や秋など花粉が舞う季節になると、多くの人がその症状に悩まされます。

花粉症の仕組み

花粉がアレルゲンとして身体に侵入すると、白血球のヘルパーT細胞のひとつである2型ヘルパーT細胞の働きによって免疫反応が起こります。2型ヘルパーT細胞は花粉を撃退するためのIgEというタンパク質を生産します。このIgEこそ、花粉症の症状を悪化させる原因物質です。IgEは、粘膜系や呼吸器系、皮膚系でヒスタミン、インターロイキン-4、ロイコトリエンなどの化学伝達物質をつくりだし、放出します。その結果、花粉症の代表的な症状である鼻の三大症状や目の痒み、皮膚の痒みなどが起こります。
このように、花粉症の症状はIgEが生産されることによって引き起こされます。よって、IgEの生産を抑制することができれば花粉症の症状を緩和させることができます。

花粉症の仕組み

乳酸菌で1型ヘルパーT細胞の働きを促進

IgEの生産を抑制するために、2型ヘルパーT細胞と正反対の働きをする1型ヘルパーT細胞の働きを利用することができます。1型ヘルパーT細胞にはIgEの生産を抑制する働きがあります。これにより、インターロイキン-4の生成も抑えられ、花粉症の症状を緩和させることができます。 1型ヘルパーT細胞を増やすには、乳酸菌の力を利用するのがおすすめです。乳酸菌には1型ヘルパーT細胞の働きを強め、2型ヘルパーT細胞の働きを弱める効果があります。乳酸菌の力を借りて花粉症の症状を引き起こすIgEの生産を抑制しましょう。

花粉症には善玉菌の働きを利用しよう

花粉症には善玉菌の働きを利用しよう

花粉症の症状を改善するためには、免疫機能の正常化とアレルギー症状を抑制する体質改善が重要です。そこで利用したいのが乳酸菌です。乳酸菌は体質改善に効果的な物質です。乳酸菌には整腸作用があります。整腸作用によって腸内環境や消化器官が正常化されると免疫力がアップします。新陳代謝も高まり、アレルギー症状の体質改善を期待できます。

花粉症に効果的な乳酸菌「クレモリスFC株」

乳酸菌には200以上の種類が存在します。その中でも花粉症に効果的なのがクレモリスFC株です。
クレモリスFC株は乳製品に含まれる乳酸球菌の中で、唯一生きて大腸まで届くことが証明されているプロバイオティクス乳酸菌です。粘り成分・EPSを産生する性質を持っています。EPSとは、乳酸菌がヨーグルトの発酵において産生する物質のひとつで、糖が繰り返し結合された後にできる高分子の多糖類です。フジッコのヨーグルトが一般的なヨーグルトに比べて独特の粘りを持っているのは、このESPによるものです。なお、ESPは消化液に分解されない性質を持つ成分です。クレモリスFC株が生きて腸まで届くのも、ESPの働きがあってこそといえます。生きたクレモリスFC株が腸まで届くことで善玉菌優勢の腸内環境が整います。これにより悪玉菌が減少し、花粉症といったアレルギー症状の改善が見込めます。
また、クレモリスFC株には花粉症といったアレルギー症状を改善するほか、免疫細胞の活性化や血糖値上昇の抑制やコレステロールの改善といった働きもあり、様々な健康効果を期待することができます。このほか、肌にも良い影響を与えてくれるので美容にも効果的です。

トップへ