乳酸菌の種類

たくさんの種類がある乳酸菌

ひとくちに乳酸菌といっても、その種類は属・種・株とそれぞれの持つ性質により細かく分類されており、私たちの日常の中で多種多様に存在しています。乳酸菌の代表的なものとしては、ヨーグルトに主に使われている乳酸桿菌、チーズなど酸味が薄い発酵食品に主に使われている乳酸球菌が挙げられるでしょう。効果も種類によって1つ1つ異なってくるのが乳酸菌の特徴なのです。
乳酸菌は現在わかっているところで350もの種類があります。これだけの種類を詳しく知ろうと思って調べてみても、アルファベットや記号の羅列が続き、理解するのはなかなか難しいと思います。動物や植物と同じように、細菌もまた属・種・株の順序で名前がつけられています。次に、私たちの腸の中に常在している乳酸菌を例にいくつか紹介していきます。

たくさんの種類がある乳酸菌

人間の役に立つ主な乳酸菌

350ほどある乳酸菌の中でも、特に人間の健康役立つと思われるもの、注目を集めているものを紹介していきます。

  • ラクトバチルス・ガセリ

    代表的なヒト腸内乳酸菌です。胃潰瘍、胃がんに起因するピロリ菌を減少させ、ピロリ菌の活動を抑制する働きをもっているといわれています。胃粘膜に付着しやすい性質をもっているため、効率的に胃の中で働くのが特徴です。消化性潰瘍や胃炎の発症を抑えたり、症状を改善させたりする働きもあると考えられ研究が進められています。

  • ラクトバチルス・デルブレッキ・サブスプ・ブルガリカス

    日本の代表的なプレーンヨーグルトに多く含まれており、整腸作用に優れています。最近の研究では、腸のバリア機能を高め、腸内フローラ(菌叢)のバランスを整える「抗菌ペプチド」の発現に関わっていることがわかりました。また、腸内の免疫細胞に直接働きかけていることが確認され、その健康維持効果が期待されています。

  • ラクトコッカス・ラクティス・サブスピーシーズ・クレモリス

    大腸まで届くことが明らかにされたプロバイオティクス乳酸菌です。また、EPSと呼ばれる粘り成分を作り「カスピ海ヨーグルト」の特長的な粘りのもととなっています。整腸効果のほか、アレルギー緩和効果、美肌効果、免疫調整効果などさまざまな健康効果があることがわかってきました。

  • ビフィドバクテリウム

    食物が腸管通過する時間を短縮する作用をもつことがヒト試験により証明されています。生きて腸まで届き、腸内環境を整えるので、便秘解消に有効と考えられています。

  • ビフィドバクテリウム・ロングム

    酸に強い性質を持っているため、胃酸で死滅することがありません。生きて大腸まで届き、大腸の善玉菌を増加させ、悪玉菌を減らして腸内環境改善し、お腹の健康を維持します。その他、継続的に摂取することで花粉症の症状を緩和させることもわかってきました。

このように乳酸菌の種類はとても多く、その働きも様々です。そのため、自分の目的に合った種類を見つけることが大切です。そして、それは人によって違うので、実際に該当する乳酸菌入りのヨーグルトを食べて体調を見るという根気が必要です。

トップへ