乳酸菌とビフィズス菌

乳酸菌とビフィズス菌の違い

私たちの腸内に存在している善玉菌には、乳酸菌ビフィズス菌があります。乳酸菌とビフィズス菌はよく同じ物として扱われますが、どちらも善玉菌の一種ではあっても実は別物なのです。
乳酸菌は糖質を分解することによって乳酸を作り出します。しかし、ビフィズス菌は乳酸だけではなく、酢酸も作り出せるのです。さらに乳酸菌の場合は、消費するブドウ糖100に対して、乳酸は5割以上も生成されます。 これに対してビフィズス菌の場合は、消費するブドウ糖100に対して、乳酸は5割以下しか生成されません。その分、酢酸を同時に生成しているのです。
また、乳酸菌は基本的に球状や棒状をしていますが、ビフィズス菌は先端が二股に分かれたY字のような形状を取っています。どちらもヨーグルトに含まれており、同じような扱いをされていますが、乳酸菌とビフィズス菌を細かく比較していくと、いろいろな違いがはっきりとわかってくるでしょう。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

人間の腸内にたくさん住むビフィズス菌

ビフィズス菌は、私たち人間や動物の腸内にたくさん生息している有益な菌です。人間の腸内には、少なくとも1兆、多くとも10兆ものビフィズス菌が住んでいるといわれています。ちなみに乳酸菌は、人間や動物の腸内だけではなく、乳製品発酵食品などにも生息しています。
乳酸菌は体内のあちこちに存在していますが、ビフィズス菌は大腸にのみ存在しています。乳酸菌は酸素があっても生きていけますが、ビフィズス菌は酸素があると生きられません。さらに先にお伝えしたように、乳酸菌の主な代謝物は乳酸だけですが、ビフィズス菌の代謝物にはそこに酢酸が加わってくるのです。小腸には酸素が存在していますが、大腸には存在していません。そのため、ビフィズス菌にとって大腸だけが生息できる場所なのです。

乳酸菌やビフィズス菌を積極的に摂ろう

乳酸菌やビフィズス菌を積極的に摂ろう

腸内細菌は、小腸の終わりから大腸へいくにつれて増えていきます。小腸下部にはラクトバチルスを始めとする乳酸菌が多く、大腸にはビフィズス菌が多く存在します。しかし、年を重ねるにつれて、特に中高齢者の場合は、大腸のビフィズス菌がどんどん減少してしまうといわれています。だからこそ、生きた菌が腸まで届く乳酸菌ビフィズス菌で補うことが望ましいのです。乳酸菌もビフィズス菌も、乳幼児から高齢者まで、適正とされる範囲で摂ることは、非常に安全性が高いことがわかっています。現在までに、乳酸菌とビフィズス菌自体の副作用や、薬とのトラブルも確認されていません。乳酸菌やビフィズス菌を主成分とした、特定保健用食品も数多く発売されているのです。
乳酸菌と同じくビフィズス菌もまた、摂ってすぐに効果が出るわけではありませんので、少なくとも2週間は毎日飲み続けてみてください。特にサプリメントを試す場合には、2週間以上は続けてからその効き目を判断するようにするのがおすすめです。

トップへ