プロバイオティクスとは

プロバイオティクスってなに?

プロバイオティクスとは、腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを調整し、人の身体に有益な働きをしてくれる生きた微生物のことです。乳酸菌やビフィズス菌も、プロバイオティクスの一種に含まれます。そんなプロバイオティクスは、ギリシャ語で「生命の益になるもの」を意味する言葉です。「生命の害になるもの」を意味するアンチバイオティクスと対峙するものとして、1989年にイギリスのフラー博士に提唱されたことが誕生のきっかけです。近年、健康の分野で大きな注目を集めており、プロバイオティクスが含まれるヨーグルトや乳製品飲料といった食品も多数販売されています。習慣的にプロバイオティクスを摂取すれば、高い健康効果が期待できるといえます。また、プロバイオティクスは医療の現場でも活用されており、乳糖不耐症や便秘、急性胃炎やクローン病、リウマチ関節炎といった疾患の予防・改善にも効果があるといわれています。

プロバイオティクスってなに?

プロバイオティクスに属する条件

人の腸内には約500種類の腸内細菌が生息していますが、全ての腸内細菌がプロバイオティクスと呼ばれているわけではありません。一定の条件をクリアした腸内細菌だけがプロバイオティクスとして認められます。

 

プロバイオティクスの条件は以下の通りです。

  1. 食品や医薬品として安全性が保証されている
  2. 胃酸や胆汁酸などの影響を受けることなく腸まで届く
  3. 腸内粘膜へ付着し、増殖できる
  4. 腸内環境を整え、腸内に腐敗物質を増やす悪玉菌を減らすことができる
  5. 抗菌性物質を生産し、がんなどの病気を予防することができる
  6. 摂取・飲用が簡単である
  7. 商品としての生産性があり、なおかつ価格が安価である

プロバイオティクスを代表する微生物

プロバイオティクスとして認められている微生物には、色々な種類があります。身体に働く作用も微生物によって異なり、様々な健康効果が期待できます。副作用や耐性菌のリスクもなく、安全に健康促進を図ることが可能です。

  • クレモリス菌FC株

    クレモリス菌FC株は、生きたまま大腸に届くプロバイオティクス乳酸菌です。免疫活性、コレステロールの改善、整腸作用、美肌効果などが期待できます。 なお、クレモリス菌FC株はEPSという多糖類を産生する性質を持ちます。このEPSは乳タンパク質と絡みつくことで独特の粘りを生じさせます。

  • ラクトバチルス・カゼイ

    酸や胆汁への耐性が強く、生きて腸まで届く乳酸菌です。便秘の予防・改善に効果的で、ウェルシュ菌などの腸内有害細菌を減少させる働きもあります。

  • ラクトバチルス・ブレビス

    別名「ラブレ菌」とも称されます。京都のすぐき漬けから発見された乳酸菌で、整腸作用が高く、コレステロールを低下させる働きもあります。解毒作用も強く、発がん予防にも効果的です。

  • ビフィドバクテリウム・ロングム

    胃酸に強く、大腸までしっかり届くビフィズス菌です。健康な乳児から発見されたヒト由来のビフィズス菌で、悪玉菌を効率よく減少させ、お腹の健康促進を図ってくれます。

プロバイオティクスとプレバイオティクス

プロバイオティクスとプレバイオティクス

プロバイオティクスと同時に摂取したいのがプレバイオティクスです。プレバイオティクスとは、いわゆるオリゴ糖や食物繊維のことです。オリゴ糖や食物繊維は、乳酸菌やビフィズス菌の栄養源となる成分です。よって、オリゴ糖や食物繊維を摂取すれば、より善玉菌の働きが活性化します。つまり、プロバイオティクスとプレバイオティクスを同時に摂取すれば、より高い健康効果が期待できるというわけです。このプロバイオティクスとプレバイオティクスの組み合わせは「シンバイオティクス」と呼ばれ、機能性食品においてもよく取り上げられています。なお、シンバイオティクスの機能性食品にこだわらなくても、りんごとヨーグルトといった組み合わせや、ぬか漬けなどの善玉菌と食物繊維の両方を兼ね揃えた食品を摂取することで、シンバイオティクスの効果を期待することができます。

トップへ