乳酸菌の働き

生菌と死菌の違いとは

乳酸菌は、私たちの腸内環境を良い状態にしてくれます。

たとえば乳酸菌を含む飲料やサプリメントなど、口から摂取した乳酸菌は、身体の中に入っていくと、それぞれの働きを持つ2つの菌に分かれます。1つめは、生きたまま腸に届く菌、そして2つめは、胃酸や胆汁などによって死滅する菌です。

生きた乳酸菌のことを生菌といいます。私たちの腸内において、有用菌の増加に伴って有機酸の産生量が増えていくと、生菌は腸内を酸性化させるようpH値を低下するために働き始めます。ちなみにpH値とは、酸性やアルカリ性の度合いを示す数値のことです。この生きた乳酸菌は、悪玉菌のエネルギー源であるタンパク質などを取ったり、腸管粘膜上皮に定着することによって、悪玉菌自体の増殖の場を減少したりしてくれます。つまり生きた乳酸菌は、腸内細菌のバランスを正常化するために存在しているのです。

死滅した乳酸菌のことを死菌といいます。多量の死菌は、たとえ腸管内であっても、他の細菌に悪影響を及ぼしません。途中で死滅した乳酸菌は、食物繊維と同じような働きをします。生きた乳酸菌によって活性化した善玉菌が退治してくれた悪玉菌を吸着し、外へ排出する役割をしているのです。死滅した乳酸菌はまた、加熱することによって乾燥菌体にすることができます。乾燥菌体は、胃酸や胆汁、さらには熱の影響を受けることなく腸にたどり着けるという特性を持っています。乳酸菌のエサになると同時に、免疫力を向上させることにも大きく役立ってくれるのです。

生菌と死菌の違いとは

乳酸菌は悪玉菌の増殖を抑えてくれる

人間の役に立つ主な乳酸菌

善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れて、悪玉菌が増えてしまうと、腸の働きがとたんに低下してしまいます。悪玉菌は、多くの毒素(アンモニア・アミン・インドール・硫化水素など)を発生させます。この毒素は腸を腐敗させたり、高血圧やがん、肝臓病の原因や老化の促進につながったりなど、身体にさまざまな悪影響を及ぼしますが、乳酸菌はこの毒素の発生を防ぐ働きを持っているのです。
乳酸菌が腸内で増えると、乳酸酢酸という有機酸が代謝物として作られます。有機酸は腸内を弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。有機酸はまた、腸における蠕動運動を促す働きを持っているので、便秘予防にも効果的なのです。逆に下痢になった場合であっても、乳酸菌を摂ることによって、その治療にも役立ってくれるのです。
私たち人間の免疫システムは、の近くに集まっています。乳酸菌はこの免疫システムを刺激することによって、活性化させる働きもあります。これにより、風邪や肺炎、結核など、多くの感染症の予防につながるのです。さらに、1日におよそ5000個は生まれるといわれている発がん物質を分解する効果も期待できます。つまり腸内において乳酸菌が大半を占めれば、その分だけがんになりにくくなるのです。
 乳酸菌のマイナーな働きの1つに、ビタミン(ビタミンB1、B6、B12、ビタミンKなど)の生成が挙げられます。これらを作り出して身体に補給する役割を担うことで、健康増進に役立っているとも考えられています。

注目される乳酸菌の効果について

近年の研究において、乳酸菌は花粉症やアトピー性皮膚炎、ぜんそくなどのアレルギー疾患を抑える働きがあることもわかってきています。また、血中の善玉コレステロールの低下を抑え、中性脂肪の値を低下させる効果が期待できることも証明されています。
さらに、乳酸菌が作る乳酸には、カルシウムの吸収を促す働きも認められています。このように乳酸菌には私たちの健康に良い様々な効果が期待できるのです。

トップへ