ヨーグルトで免疫を高める

免疫力を高める食品の代表格

免疫力を高める効果が期待できる食品として、最初に挙げられるのはヨーグルトでしょう。ヨーグルトには腸内環境をバランスよく整える作用があり、腸内環境を良くすることで、免疫力が高められるからです。私たちの腸内には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌など、およそ100兆個にも上る菌が生息しています。善玉菌が増えると、サイトカインと呼ばれる免疫活性物質の分泌が促されるようになり、全身のリンパ球が活性化します。善玉菌の代表格は乳酸菌ビフィズス菌なので、それらが多く含まれているヨーグルトこそ、免疫を高める乳酸発酵食品の代表といえるのです。

免疫力を高める食品の代表格

免疫機能の大切さ

そもそも免疫とは、私たちの健康を維持するために必要な機能のことを意味しています。免疫には、生まれた時から持っている自然免疫と、感染などを通じて得られる獲得免疫があります。この両者は共に腸内で機能しており、がん細胞やウイルスなど、身体の中で有害なものを排除してくれるのです。免疫という防御機能の中で重要な働きをしているのが、NK(ナチュラルキラー)細胞です。NK細胞はリンパ球の1つで、大病も改善してくれます。自然治癒力を高めてくれるこのNK細胞は、血液中に存在していて、常に身体に悪いものがないか巡回しています。例えば初期のがん細胞や、インフルエンザなどのウイルスに感染した細胞を察知すると、即座に退治しようと働いてくれるのです。私たちの身体の中では、1日に3000~5000個もの細胞ががん化しています。このような初期のがん細胞やウイルスをNK細胞が排除しているからこそ、私たちは健康を維持することができるのです。つまり外敵から身体を守るためには、この免疫細胞を活性化させる必要があるわけです。
近年の研究から、ヨーグルトの中に含まれている乳酸菌に免疫細胞の働きを高める作用があることがわかってきました。免疫力の活性化は、大病であるがんやインフルエンザ、そして風邪などに対して、自然治癒力を高めることにつながり、それらの予防や改善に非常に有効だといえるでしょう。日頃から積極的にヨーグルトを摂取して、腸内の善玉菌を増やし、その働きを活発にさせておくことが大切なのです。

ヨーグルトを摂るときの工夫

ヨーグルトを摂るときの工夫

しかしながらも、実は外から摂取した乳酸菌は腸に定着することがないので、時間の経過に従って、排泄されてしまうのです。免疫力を高めるために毎日ヨーグルトを食べることはもちろんですが、効果的な食べ方を工夫することも必要になってきます。例えば、きな粉とバナナをヨーグルトと一緒に食べることが挙げられます。きな粉に含まれるオリゴ糖は乳酸菌のエサになるので、腸内の善玉菌を増やします。そしてバナナに含まれる食物繊維は便を柔らかくします。整腸作用のあるオリゴ糖が含まれていることも、相乗効果を生み出します。また、カリウムやマンガンが豊富なイチジクもおすすめです。イチジクには抗酸化作用があるので、ヨーグルトと混ぜて食べると、さらなる効果が期待できるでしょう。

ヨーグルトの優れた栄養成分

ヨーグルトは常に私たちの生活の身近にあるので、食べる機会も多いはずです。ヨーグルトの元である牛乳は、完全栄養食とも言われています。ヨーグルトには、この牛乳の栄養素がバランスよく含まれているのです。良質なタンパク質、ビタミン、カルシウムなどがそれにあたります。さらに乳酸菌と乳酸発酵で生成される物質にも、多くの有益な効果が期待できます。栄養素の1つである乳糖はまた、腸内のビフィズス菌を増やして病原菌から身体を守ってくれます。ヨーグルトはこうした栄養成分の全てが、消化吸収しやすい形に変わっています。赤ちゃんからお年寄りまで幅広く食べられることも、ヨーグルトが親しまれている理由なのです。

トップへ